【Mac版】iPhone&iPadのバックアップ保存先を外付HDDからMac本体内に戻す手順

テクノロジー

【Mac版】iPhone&iPadのバックアップ保存先をMac本体内から外付HDDに変更する手順

2015.03.19

大人気の記事、【Mac版】iPhone&iPadのバックアップ保存先をPC内から外付HDDに変更する手順。しかし、今回はその逆!保存先をMac本体に戻す手順です。実は元に戻す方法の問い合わせが意外と多く、記事を書こうと思いました。もし保存先を元に戻したいという方、念の為直し方を覚えておきたい方は是非!

手順をざっくり書くと以下の通り。

手順
  1. Mac本体内のBackupショートカットフォルダを削除
  2. Mac本体内にBackupフォルダを作成
  3. 外付HDDのBackupフォルダ内のデータをMac本体内のBackupファルダ内にコピー
  4. iThunesを起動し確認

それではひとつずつ手順を見ていきましょう。

Mac本体内のBackupショートカットフォルダを削除

まずは、変更時に作成したMac本体のBackupショートカットフォルダを削除します。このショートカットフォルダを削除しない限り、次の手順「Backupフォルダを作成」することが出来ません。あたり前ですが、同じ名前のフォルダは作れませんからね。

Mac本体のBackupショートカットフォルダの場所
「ユーザー」→「ユーザー名」→「ライブラリ」→「Application Support」→「MobileSync」
例) /Users/HYZstudio/Library/Application\ Support/MobileSync
Backupショートカットフォルダを削除しても、外付HDDにあるBackupフォルダは削除されませんのでご安心ください

Mac本体内にBackupフォルダを作成

Backupショートカットフォルダの削除ができたら、同じ場所(MobileSyncフォルダ内)にBackupフォルダを新規で作成します。

名前は必ずBackupにしてください!そうでないと正常に読み込まれません。

外付HDDのBackupフォルダ内のデータをMac本体内のBackupファルダ内にコピー

Backupフォルダの作成ができたら、外付HDD内にあるBackupフォルダ内のデータをすべてMac本体内のBackupフォルダへコピーしましょう。

バックアップのデータ量が多い人は、Mac本体の容量が足りるかどうか確認してからバックアップを行いましょう

iThunesを起動し確認

バックアップのコピーが完了したらiTunesを起動して正常に読み込み出来ているか確認をしましょう。

「iTunes」→「環境設定」→「デバイス」

デバイスの項目内で表示される「テバイスのバックアップ」の中に「○○のiphone」等が出ていれば、Mac本体からの読み込みになっている証拠です。

最後に

最後に外付HDDにあるBackupフォルダを完全に削除すればOKです。(※万が一のために取っておくのも良いでしょう)

設定などでお悩みの方は下記のボタンからお問い合わせください。メールにて順次対応させていただきます。(一部有償による対応となりますのでご了承ください)

おすすめの外付けHDD&外付SSD