【2017年度】ハイズスタッフがオススメするSIMフリースマホ機種10選!

オススメ

年々注目を集めているSIMフリースマホですが、その中でもハイズスタッフがオススメ!と自負する2018年3月までに発売されたSIMフリースマホを10機種ご紹介します。格安SIMへ乗換えるついでにSIMフリースマホにしようという方、そろそろ古くなったから新しいSIMフリースマホにしたいという方必見です!

ランキングではなく、ハイズスタッフが独断でオススメというSIMフリースマホのご紹介となります。

Huawei P10 lite

まず、Huawei P10 liteについて言っておきたい。Huawei P10 lite買えば間違いない!それくらい機能・コストパフォーマンスに優れています。背面指紋認証や急速充電に対応しているので、ライトユーザーにオススメの機種です。MVNO業者でも多く取り扱っています。

発売 2017年6月9日
本体価格 29,980円(税抜)
OS Android 7.0
メモリ 3GB
本体容量 32GB(microSDXC:最大128GB対応)
CPU Huawei Kirin 658
ディスプレイ 5.2インチ/1920×1080
カメラ性能 メインカメラ:1,200万画素/インカメラ:800万画素
サイズ 72×146.5×7.2 mm
本体重量 146g
カラー サファイアブルー、プラチナゴールド、パールホワイト、ミッドナイトブラック
Bluetooth Bluetooth 4.1 LE
無線LAN 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量 3000mAh
SIMサイズ nano-SIM×2(デュアルSIM)
接続インターフェース microUSB
その他 指紋認証、GPS機能、加速度・ジャイロ・コンパス・環境光・近接センサー

HUAWEI nova lite2

2018年2月に発売したばかりの最新機種。今までの技術を盛り込んだエントリーモデル。価格も30,000円以下とコストパフォーマンス抜群。ライトユーザーなら満足する一台です。少しでも新しい機種が良いならP10 liteよりHUAWEI nova lite2オススメします。

発売 2018年2月9日
本体価格 25,980円(税抜)
OS Android 8.0
メモリ 3GB
本体容量 32GB(microSDXC:最大256GB対応)
CPU Huawei Kirin 659
ディスプレイ 5.6インチ/2160×1080
カメラ性能 メインカメラ:1,300万画素+200万画素/インカメラ:800万画素
サイズ 72.05×150.1×7.45 mm
本体重量 143g
カラー ブルー、ブラック、ゴールド
Bluetooth Bluetooth 4.2
無線LAN 802.11 b/g/n
バッテリー容量 3000mAh
SIMサイズ nano-SIM×2(デュアルSIM)
接続インターフェース microUSB
その他 指紋認証、GPS機能、加速度・コンパス・環境光・近接センサー

HUAWEI honor9

またHuaweiかよ!とツッコまれそうですが。。。上記3機種をオススメに入れないやつはおかしい!と思うくらいオススメなのです。2017年10月に発売したHuaweiのhonor9。光が当たる角度によって表情をかえるカラスボディを採用して美しい仕上がりとなっています。同社が発売しているP10とは違ったスペックで高性能なのに低価格を実現しています。既に発売から半年経過しており3万円台で購入することできます。

発売 2017年10月12日
本体価格 53,800円(税抜)
OS Android 7.0
メモリ 4GB
本体容量 64GB(microSDXC:最大256GB対応)
CPU Huawei Kirin 960
ディスプレイ 5.15インチ/1920×1080
カメラ性能 メインカメラ:1,300万画素+2,000万画素/インカメラ:800万画素
手ブレ補正、4K撮影対応
サイズ 70.9×147.3×7.45 mm
本体重量 155g
カラー サファイアブルー、グレイシアグレー
Bluetooth Bluetooth 4.2 BLE
無線LAN 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量 3200mAh
SIMサイズ nano-SIM×2(デュアルSIM)
接続インターフェース USB Type-C
その他 指紋認証、GPS機能、加速度・ジャイロ・コンパス・HALL・環境光・近接センサー

SHARP AQUOS sense lite SH-M05

とうとう来た!国産SIMフリーでおサイフケータイ対応&防水・防塵の機種が!しかも低価格で!おサイフケータイ対応&防水・防塵していれば他は我慢できる!という人にオススメです。一応、指紋認証やUSB Type-Cに対応しています。逆におサイフケータイ対応&防水・防塵以外の事に関しては「普通若しくはそれ以下」とコメントしておきます。。。この機種はおサイフケータイ対応&防水・防塵のためにあるんです。おサイフケータイ対応&防水・防塵を求めない人は買わないほうが良いでしょう。

発売 2017年12月上旬
本体価格 29,800円(税抜)
OS Android 7.1
メモリ 3GB
本体容量 32GB(microSDXC:最大256GB対応)
CPU Snapdragon 430 MSM8937
ディスプレイ 5インチ/1920×1080
カメラ性能 メインカメラ:1,310万画素/インカメラ:500万画素
サイズ 72x144x8.5 mm
本体重量 147g
カラー White、Black、Gold
Bluetooth Bluetooth 4.2
無線LAN 802.11 b/g/n
バッテリー容量 2700mAh
SIMサイズ nano-SIM
接続インターフェース USB Type-C
その他 おサイフケータイ、防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、指紋認証、GPS機能、加速度・モーション・地磁気・明るさ・近接センサー

HUAWEI Mate 10 lite

まぁ~たHUAWEIかよ!という声がたくさん聞こえてきます!だとしてもオススメしたいんですよ。それだけHUAWEIは機種を出しているし選択肢も広いんです。HUAWEI Mate 10 liteはその名の通りHUAWEI Mate 10シリーズのひとつ。シリーズの中では下位機種ですが、スペックは下位とは思えないほど高い。そして安い。5.9インチと大きめです。カメラはなんとメイン・インカメラ共にダブルレンズというカメラに拘る人にオススメです。

発売 2017年12月8日
本体価格 42,800円(税抜)
OS Android 7.0
メモリ 4GB
本体容量 64GB(microSDXC:最大256GB対応)
CPU Huawei Kirin 659
ディスプレイ 5.9インチ/2160×1080
カメラ性能 メインカメラ:1,600万画素+200万画素/インカメラ:1,300万画素+200万画素
サイズ 75.2×156.2×7.5 mm
本体重量 164g
カラー グラファイトブラック、オーロラブルー
Bluetooth Bluetooth 4.2 BLE
無線LAN 802.11 b/g/n
バッテリー容量 3340mAh
SIMサイズ nano-SIM×2(デュアルSIM)
接続インターフェース microUSB
その他 指紋認証、GPS機能、環境光・光学接近センサー

Wiko g08

こちらの機種は2015年発売のg01から進化を遂げ、2018年満を持してg08を発売。gシリーズは一定以上の人気・評価を得ており、今回のg08も素晴らしい出来になっています。こちらは自撮り向けの作りになっているのが特長。そしてなんと行ってもデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しているのでビジネスユーザーやデータ通信用の使い分け等に使えるので人気が高いです。

発売 2018年2月23日
本体価格 25,800円(税抜)
OS Android 7.1
メモリ 4GB
本体容量 64GB(microSDXC:最大128GB対応)
CPU Snapdragon 430 MSM8937
ディスプレイ 5.7インチ/1440×720
カメラ性能 メインカメラ:1,600万画素/インカメラ:2,000万画素
サイズ 72.8×152.3×8.3 mm
本体重量 162g
カラー ブラック、ゴールド、ディープ・ブリーン、チェリー・レッド
Bluetooth Bluetooth 4.2
無線LAN 802.11 b/g/n
バッテリー容量 3000mAh
SIMサイズ nano-SIM×2(デュアルSIMデュアルスタンバイ)
接続インターフェース microUSB
その他 指紋認証、GPS機能、加速度・ジャイロ・磁気・光・近接センサー

ASUS ZenFone 4 Max

こちらもSIMフリースマホを代表する機種のZenFoneシリーズ。初搭載のトリプルカードスロットはSIMカード2枚とmicroSDカード1枚を同時に使用できる。カメラもメインはダブルレンズ。これが2万円台で購入できるなんて素晴らしいですね。カメラよりもDSDSを常に搭載しつつmicroSDカードも使用したい場合はこの機種一択です。

発売 2017年12月8日
本体価格 24,800円(税抜)
OS Android 7.1
メモリ 3GB
本体容量 32GB(microSDXC:最大256GB対応)
CPU Snapdragon 430 MSM8937
ディスプレイ 5.2インチ/1280×720
カメラ性能 メインカメラ:1,300万画素+500万画素/サブカメラ:800万画素
サイズ 73.3×150.5×8.7 mm
本体重量 156g
カラー ネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンク
Bluetooth Bluetooth 4.2
無線LAN 802.11 b/g/n
バッテリー容量 4100mAh
SIMサイズ nano-SIM×2(デュアルSIMデュアルスタンバイ)
接続インターフェース microUSB
その他 トリプルカードスロット、指紋認証、GPS機能、加速度・電子コンパス・光・近接センサー

HUAWEI P10

はい、出ましたHUAWEI。予算に余裕がある方はP10 Liteではなく、その上位機種となるP10がオススメです。カメラ性能はもちろん、全体的な機能アップがされています。その分値段が倍近くしてしまうのが致し方ないのかも。それでも私はコストパフォーマンスに優れていると思います。詳しいことは記事に書いていますので御覧ください。

すべてが詰まったSIMフリースマホ!Huawei P10を手に入れたので早速レビュー!

2017.11.08
発売 2017年6月9日
本体価格 65,800円(税抜)
OS Android 7.0
メモリ 4GB
本体容量 64GB(microSDXC:最大256GB対応)
CPU HUAWEI Kirin 960
ディスプレイ 5.1インチ/1920×1080
カメラ性能 メインカメラ:1,200万画素+2,000万画素/サブカメラ:800万画素
手ぶれ補正・4K撮影対応
サイズ 69.3×145.3×6.98 mm
本体重量 145g
カラー ダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラック
Bluetooth Bluetooth 4.2 BLE
無線LAN 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量 3200mAh
SIMサイズ nano-SIM×2(デュアルSIMデュアルスタンバイ)
接続インターフェース USB Type-C
その他 NFC、指紋認証、GPS機能、加速度・ジャイロ・コンパス・HALL・環境光・近接センサー

Apple iPhoneSE 32GB

SIMフリーのiPhoneと言えばiPhoneSEではないでしょうか?8やXよりも、あの手に丁度良いサイズのSEは今でも大人気です。やはりiPhoneで慣れ親しんだ人はiPhoneが使えればいいのですが、どうしても買い換えなければいけないのなら、低価格なiPhoneSE32GBがオススメです。

発売 2017年3月25日
本体価格 39,800円(税抜)
OS iOS 10
メモリ 非公開
本体容量 32GB
CPU Apple A9
ディスプレイ 4インチ/1136×640
カメラ性能 メインカメラ:1,200万画素/サブカメラ:120万画素
手ぶれ補正・4K撮影対応
サイズ 58.6×123.8×7.6 mm
本体重量 113g
カラー スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールド
Bluetooth Bluetooth 4.2
無線LAN 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量 1600mAh
SIMサイズ nano-SIM
接続インターフェース Lightning
その他 NFC、おサイフケータイ(Apple Pay)指紋認証、GPS機能、加速度・3軸ジャイロ・デジタルコンパス・環境光・近接センサー

Apple iPhone7 32GB

iPhoneSEでは物足りない!という方はiPhone7はどうでしょうか?おそらくiPhone6やiPhone6Plusを使用してた方は尚更iPhone7が良いと思います。iPhone7はiPhone8発売と同時に価格が下がったためSIMフリーで購入する方が多くなりました。それでも6万円以上しますが、iPhoneユーザーには嬉しい価格ではないでしょうか?

発売 2016年9月16日
本体価格 61,800円(税抜)
OS iOS 10
メモリ 非公開
本体容量 32GB
CPU Apple A10
ディスプレイ 4.7インチ/1334×750
カメラ性能 メインカメラ:1,200万画素/サブカメラ:700万画素
手ぶれ補正・4K撮影対応
サイズ 67.1×138.3×7.1 mm
本体重量 138g
カラー ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
Bluetooth Bluetooth 4.2
無線LAN 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量 1960mAh
SIMサイズ nano-SIM
接続インターフェース Lightning
その他 防塵・防水(IP67)、NFC、おサイフケータイ(Apple Pay)、指紋認証、GPS機能、加速度・3軸ジャイロ・デジタルコンパス・環境光・近接センサー、気圧計

総評

半分がHUAWEIになってしまいましたが、本当にHUAWEIはコストパフォーマンスに優れているのでオススメですよ。今回10機種ご紹介したのはどれも失敗しない(ただし、求める機能によります)機種だと自負していますので、購入を検討している方はぜひご参考にしてください。また、購入時期によりMVNOでキャンペーンをやって安くなっていたり、何かの理由で価格が上がったり、品切れになったりしますが「まだ安くなる、まだ安くなる」と思っていると後継機種が出て、その後継機種が安くなるのを待つ。。。というスパイラルに入ってしまうので、欲しいと思った時に購入したほうが幸せになれますよ!