【TOSHIBA DynaBook AZ15/TW】CPUの熱暴走対策!!CPUグリス塗替え方法

オススメ

前回、液晶パネルの接続ケーブルの交換と、HDDからSSDへ交換したことで、快適に使える一台に進化しました。

【TOSHIBA DynaBook AZ15/TW】液晶パネルのケーブルが断線!?液晶パネルの接続ケーブル交換方法

2020.05.18

【TOSHIBA DynaBook AZ15/TW】楽々簡単!!HDD→SSD交換&クローン作成方法

2020.06.19

ここまで来るとCPUの交換をしたいのですが、このTOSHIBA az15twに搭載しているCPUは「Celeron 3215U」で、番号の最後に「U」が付いているCPUは、マザーボードに半田付けされているため、相当な技術や専用工具が無いと交換出来ません。

ということでCPU交換は諦めて、今回はCPUグリス塗り替えをします。

ハイズLabo
YouTubeで説明動画も公開中!「ハイズLabo」YouTubeチャンネルをご覧ください♪

必要な道具

CPUグリス

クリーナー

静電気対策用手袋

作業するに当たり「万が一」を防ぐために、静電気対策用手袋もあると良いです。

精密ドライバーセット&エアダスター

「プラスドライバー」等が必要となるので、精密ドライバーセット。ホコリ除去のためにエアダスターを持っていると、今後も非常に便利です。

これで最低限の準備ができました。

CPUグリス塗替え

それでは、作業の方を進めます。

バッテリーを外す

まずは、プラスドライバーでバッテリーのネジを2箇所外した後に、バッテリーを取り外します。

カバーを外す

プラスドライバーでカバーのネジを1箇所緩めて、カバーを取り外します。

底面のネジを10箇所外す

プラスドライバーでネジを10箇所外します。

内蔵光学ドライブを外す

内蔵の光学ドライブを外します。

底面カバーを外す

ツメを折らないように注意しながら、底面カバーを取り外します。

ヒートパイプのネジを4箇所外す

プラスドライバーでヒートパイプのネジを4箇所外します。

ヒートパイプのネジを4箇所外す

プラスドライバーでファンのネジを2箇所外します。

ヒートパイプとファンが一体となっているので、ファンのコネクタを外して、ヒートパイプとファンを外します。

よく見ると綺麗にCPUがマザーボードに半田付けされています。

CPUの古いグリスを拭き取る

CPUの古いグリスをエタノールやアルコールが入ったウェットティッシュ等で拭き取ります。

ヒートパイプの古いグリスを拭き取る

ヒートパイプの古いグリスも、エタノールやアルコールが入ったウェットティッシュ等で拭き取ります。

CPUに新しいグリスを塗る

次にグリスを塗ります。以前の動画でも使用している熊さんグリスを使用します。

CPUの銀色の部分に米粒程度のグリスをつけます。

ヘラを使ってグリスを薄く、均等に塗っていきます。

ヒートパイプとファンを取り付ける

グリスを塗り終えたら、ヒートパイプとファンを取り付けてコネクタを挿します。

ヒートパイプのネジを締める

プラスドライバーでヒートパイプのネジを4箇所締めます。

ファンのコネクタを挿してネジを締める

ファンのコネクタを挿して、プラスドライバーでファンのネジを2箇所締めます。

底面カバーを取り付ける

底面カバーを取り付けます。

ネジを10箇所締める

プラスドライバーでネジを10箇所締めます。途中で内臓の光学ドライブを取り付けます。

カバーをしネジを締める

カバーをし、プラスドライバーでネジを1箇所締めます。

バッテリーを戻す

バッテリーを戻します。

バッテリーのネジを締める

プラスドライバーでバッテリーのネジを2箇所締めます。

完了です!

まとめ

実際のところ、CPUグリスを塗り替えても効果はあまり実感できませんが、今後使い続けていく上では、この塗替えは有効な作業だと思いますので、CPUの発熱が気になる・他の部品の交換ついでにCPUグリス塗替えはオススメです!次回は、Wi-Fiアンテナの感度を戻すため、アンテナ取り付けをしていこうと思います。

YouTube動画「ハイズLabo」

YouTube「ハイズLabo」のチャンネルでも「【CPUの熱暴走対策!!】CPUグリス塗替え方法|TOSHIBA DynaBook AZ15/TW」を動画で説明していますのでご覧ください!そして、チャンネル登録をお願いします!!!!